スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まるまるは風邪をひかない

3年ぶりに風邪ひきました。
おはようございますこんにちはこんばんは。

風邪ひきました。
1週間前のことです。
私はのどが弱く、夜寝る前に必ず水分補給をしないと、朝のどが痛くなる質なんですが、その日はいつの間にか寝てたので水分補給してませんでした。
んで見事のどが痛くなり、やっちゃったなーと思ってたのですが、3日経っても治らず、おかしいなと思ってたら咳も出てきたので、ついにきたか、と。

そこでふと頭に浮かんだのが、○○(バカ)は風邪をひかないという言葉です。
今までも自分では自分のことを馬鹿だとは思っていませんでした。
いえ、いろんなことを考慮すると馬鹿の部類にはいる場合も多々あるのでしょうが、今はそんなコールド・リーディング風の話をしたいわけではないので、置いておきます。

なので別段そのことを気にしていたわけではないのですが、少しだけ考えてみると、その言葉も案外適当なだけのものではないような気がします。

暗示というものがあります。
ただの思い込みのようなものですが、暗示が現実になった話というのは、数えきれないほどあります。

おそらくこの○○も、「どうせこんな事くらいじゃ風邪ひかない」とか「どうせ○○だから風邪ひかない」と思っていたに違いありません。
(ちょっと矛盾してますが。)

たぶんその暗示によって、風邪を防いでたんだと思います。
一種のプラシーボ効果ですね。たぶん。







しかしだからと言って、いきなり「自分はバカだ!」なんて思えるわけないと思います。
ですから、もしこの記事を信じて、暗示で予防しようって思う方が、宝くじ3億当たるくらいの確率でいるとしたら、

自分は馬鹿ではないから風邪をひくかもしれない。が、それがただの暗示だったら、自分も風邪をひく可能性をもっと下げられるのではないか?

くらいに思っておいてはどうでしょうか。
ではまた。

コメントの投稿

非公開コメント

カウンタ
ツイート
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
最新記事
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。